ブログ

びわ湖に魂を置いてきた
2016/1/12 11:00更新

フェリーチェメンバーと福井中高のメンバーのみんなで

立命館大学バトントワリング部20周年記念公演に行ってきました。

朝、福井高校から1時からの公演を目指し出発しました

12時前に到着し、少し時間が有ったので

綺麗な皆さんを前面に、びわ湖を撮影し…あっ!間違えた

綺麗なびわ湖をバックに記念撮影

撮影後、会場入り。

沢山の方が詰めかけておりました。

開場されるとロビーには沢山のお花が。

その中に、フェリーチェから贈らせて頂いたお花も

開演を待つ間も期待と興奮でドキドキ

そしていよいよ開演

オープニングから芸術性のある素晴らしい演出。

「おー」「うわぁー」歓声と拍手。

あっという間に引きこまれました。

フロアーで繰り広げられる圧巻のショーと、

空中を行き交う半端じゃ無いバトンとが一体となって

これぞバトントワリングの醍醐味!ってのを存分に味わいました

見る価値あり!って問題じゃなく

見なければいけない!そんな素晴らしい公演に感動でした

メンバーの心の中にも深く深く刻み込まれ、

今後のバトン人生にも大きく影響するそんな貴重な時間だったのではないでしょうか。

閉会後のロビーはお出迎えをしてくれた立命館部員の方々との交流で

凄いことになってました。

うちのメンバーもあの人、この人と記念写真を撮らせて頂きました。(すごい方々だ!)

そして、なんと立命館バトン部監督で今回も素晴らしい演技を披露して下さった

元世界チャンピオンの稲垣正司先生とお写真を撮らせて頂けるチャンスがあり

みんなで記念撮影。

またまた思い出に残っちゃいます

そんな興奮冷めやらない状態での帰宅となりました

帰宅後は、すぐに桑田佳祐さんが歌う「imagine」を聴きました。 ←???

そんな素敵な時間だった昨日なので、今日はボーっとしてようかなと。

そう言えば今日はharuko先生の誕生日だったなぁー。

また一つ年をとるのか。可哀想に


新着ブログ一覧へ

copyright felice all rights reserved.
produced by cheltenham software