ブログ

福井県バトントワーリングフェステバル : マネージャー
2011/8/29 1:30更新

熱気も冷めやらぬうちに更新しようと思ったのですが、
マネージャー行きつけの服屋さんで2時間ほど話をしたり、韓流ドラマ『天国の階段』を見たりとしているうちに遅くなりました。   ←思いっきり私用ですな(>_<)

なんてのは半分冗談で、
撮影した映像を早く皆様にご覧頂こうと思い、編集作業をしメディアへのコピーをしておりました。
慣れぬ事をしていたのでかなり時間がかかってしまいましたが、なんとかうまく行きました。
明日はジュニアチームのレッスンがありますので、さっそくお渡ししようと思ってます。
DVDとBlu-rayの2種類用意致しましたのでご家庭の機器に合った方をお選び下さい。


さて、バトン・マーチングフェスですが、 ←夏フェスみたいでなんかイカす感じ(^^)
今年は2部制となり午前がバトントワリングの開催でした。
バトンだけでは少ないかなぁーと思ってましたが、11チーム出場していて県内のバトンの普及が感じられました。
そんな11チーム中1番目の演技がリトル☆フェリーチェ。
今回で2度目の演技ですが、前回の100万人のマーチングではオープニングの隊形が思いっ切りずれていて
「あちゃ~(*゜o゜*)~゜」
ってなりましたが、今回は大きなミスも無く楽しさが伝わってくる演技でした。保護者の方も笑顔で楽しめたのではないでしょうか。

5番目の演技はフェリーチェジュニア。
全国大会へ向けてのスタートです。絶好調!?でここまで来ましたが、
聞いた話ですとリハーサルがうまくいかず、晴子先生から“喝っ!”があったそうですね(ちなみにマネージャーの夕食はカツでした)。
まー、それがかえっていい緊張で望めたようこれまた素晴らしい演技が出来たのではないかと。って思ってましたが、ビデオの編集中に良く見ると、揃えるって事への意識がまだ十分ではなかったようです。
でもマネージャーはとっても気にいっています。ある意味自画自賛ですが、期待に添えるパフォーマンスの出来る子供達の力に感謝します。

それでは次、9番目はフェリーチェ。
今年で中学生部門2回目の挑戦。昨年より若干増えましたがまだまだ少人数で、構成においてはより表現力が求められるます。曲もちょっと難しい選曲で正直大変だったと思います。
が、自身あふれる演技で会場を包み込めたのではないでしょうか。
細かく伝えたい事はあるのですが、“AKB"の演技をしてるなんてネタバレになるので言えませんが、 ←本気されるぞ!
保護者の方からも良かったと言っていただける演技が出来て、大変うれしく思いました。

まーでも、共にに言える事ですが、これで楽観視するほど北陸は甘くありません。審査をして頂き、まだまだって事も分かりました。これからが勝負です。
講評を良く分析して、これから北陸に向けての調整していきたいと思います。

ほんとに皆さんお疲れ様でした。今日はゆっくりと体を癒して下さい。ジュニアチームのみんなは夕方まで癒して下さい( ̄皿 ̄)うしししし♪。

最後に、衣装、メイク等で色々とお手伝い頂いた保護者の方、本当にありがとうございました。素晴らしい期待以上の衣装で演技に華を添える事が出来ました。またこれからもむちゃを言うかもしれませんがよろしくお願いします。


新着ブログ一覧へ

copyright felice all rights reserved.
produced by cheltenham software