ブログ

大変だった一日 (福井県バトントワーリングフェスティバル)
2013/9/17 6:00更新

三連休最後の日。





夜更けあたりから猛烈な雨と暴雨で





8月30日に運用を開始した「特別警報」が福井県全域に発令されました。





中止も視野に状況を見守る事にし、





皆様には自宅待機をお願いすることになり





大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。





その後天気も回復の方向に向かい、何とか3時間遅れで





一部内容の変更もありましたが、無事開催することが出来、





快く対応いただけました皆様に感謝致します。









今回よりパフォーマンス部門が新設されより参加しやすくなり、





越前カルチャーセンターのキッズバトントワリングの鯖江スタジオ、越前スタジオも参加しました。





越前スタジオのほうは今年4月開講から初めての演技披露、





そして両スタジオ共通、misaki先生初の作品になり





先生もワクワクとドキドキの入り混じった気持ちで、





生徒たちを見守っておりました。





緊張することなく、会場を見上げながら元気に踊る姿がとても可愛かったです。





ここだけの話で、誰にも言ってはいけませんが、





misaki先生、みんなの頑張りに涙していたそうです





そしてそのmisaki先生、今回は本人も踊っちゃいました





そして今度はayaka先生の出番。





出番というのは今年から成和中学校バトン部の指導をharuko先生から引き継ぎ、





その初作品の披露です。





大人数を構成の中で、ブロックを使い分けてうまく表現し、





とても中学生らしい素敵な作品でした。





ayaka先生の目にも涙・・・





かなと思たら、今度は自分達が演技するためスタート位置で緊張の面持ちで待機してます。





バトントワラーズ フュージョンの演技です。misaki先生も登場です。





生徒たちの前で演技する緊張といったらどんなものなんでしょ~?





「いい所見せてやるぜ~」と思うのか、





「何とかミスなく行ってくれ





って思うのか。





さぁ~、見てみましょう。





一般らしいく大人っぽい演技で、体の使い方なんかは流石にうまいですね。





人数は5名と少ないですが、大きな表現と動きでかっこ良かったですね。





生徒のみんなは





「先生かっこよかったよ~」





って声かけてあげてくださいね。





そしてパフォーマンス部門最後の登場は、





もう、イベント、大会は大ベテランのリトル☆フェリーチェの登場。





今フェスティバル最大人数の40名で登場。





祭りがテーマなのでフェスティバルには持ってこい。





年長さんから中学生までフロアを埋め尽くす





盛大な祭りが繰り広げられました。





100万人に次いで2回目の披露だったので、すごく安定した良い演技でした。







そして次はコンテスト部門。





北陸大会、全国大会へと繋がる選手大会です。





フェリーチェヴィータ、フェリーチェ、福井中高の登場。





今年は先生の入院やオランダ遠征もあって振付がぎりぎりの状態で





せわしなく当日を迎えてしまい、メンバー達には迷惑をかけてしまった所もありますが、





そんな中でも、抜群の集中力で演じきるところは流石の一言です。





まだまだ振付としては60点。改善していかなければいけない所は多々ありますが、





光り輝く未来がある事を確信できる、素晴らしい演技でした。





またここから先生とマネージャーで、頭ひねらせ、





ひねりすぎて転げ落ちないよう





考えていこうと思います





本当にお疲れ様でした。





次に向けて頑張っていきましょうー。





来週は糸生エコキャンドル2013イベント出演です!



































新着ブログ一覧へ


copyright felice all rights reserved.
produced by cheltenham software