ブログ

チーム。 : マネージャー
2010/9/24 7:00更新

昨日はフェリーチェ小中学生の合同でのレッスンでした。
と言う事で行ってきました。

まずはジュニアのレッスンから。
変更した点もなんとか形になってきました。
まだ動きにメリハリがついてませんが、頑張ってよくついてきてくれてますね。
もう少し、振り一つ一つの意味(何を表現したい振付なのか)を理解して演技できると、
メリハリと、表現力も出てくると思うので、考えながら練習していくといいですね。


続いて中学生。

ちょっと中学生の親御さんと話をしていたら、こんな事を。
「マネージャーさんは中学生のレッスンには、あまり来られませんね」と。

ギクッ!!(゜o゜;

痛いところを突かれました(>_<)
きっ、気にしてない訳ではないですよ。ただ時間が合わなくて(^^;
なんの力にもなれませんが、頑張ってる姿をレポート出来るようにしますね。

と言うことで、久しぶりのレッスン。
さすが中学生です。一つ一つの演技にも手を抜かず意識の高さが伺えます。
時折、先生から笑顔が見えるのはレッスンの充実のあらわれだと思います。
県大会前日の反省が生かされてるのでしょう。
やはり、中学生にマネージャーの出る幕は無いですね。
このまま行けば何かを起こしてくれそうな気がします。

それとジュニアのレッスンを見て、揃ってない所を指摘、そして指導してくれてありがとう。
その思いやりの心に感謝です。


で、

またまたジュニアの所へ。
マネージャーの指示で少人数のグループに分かれ、グループごとに演技し、見せ合うようにと。
はじめのグループの演技が終わると、瞳先生が、

「今のグループの演技を見て、何かありませんか?」 と質問を。

うーん、あまり手が上がらない(+_+)
ここで瞳先生。

「こういう時に意見を出し合って自分達の力で解決して行くのがチームですよ」 と。

すると手があがり出しました。
上級生だけでなく、今年入ったばかりの子も。
いつもはおとなしい感じの子達も手を上げているのでビックリしました。

そして問題点と対策を発表出来てました。

実際マネージャーがこのような立場になったら手を上げる事が出来たかと言うと、
出来なかったかもしれません。

これが日頃から出来るようになると
またひとつ成長に繋がるのではないかと思います。


しいて一つ言わせてもらうと、注意ばかりじゃなくて、
良い所も言ってあげれると良かったかなぁーと思いました。

先生も目の行き届かない所があると思うので、チーム全員で助け合いながら絆を深め、
目標に向かってすすんでいきましょうね。


新着ブログ一覧へ


copyright felice all rights reserved.
produced by cheltenham software