ブログ

マネージャー流漢字の感じ方 「運」「命」 : マネージャー
2010/6/16 7:10更新

「運」(うん)と「命」(いのち)と書いて「運命」。
この運命という言葉を会話の中でよく耳にする事があります。
例えば、友達みんなで温泉旅行に行くとします。
しかし旅行前日に風邪を引いてしまい、旅行に行けなくなりました。
それを友達に伝えたところ
「仕方ない、それも運命やわ」
ん!?
これって運命???
ただ運が悪いだけでは。

もう一つ

イケメンの新入が入社してきました。
その彼を見て、
「運命の人かもぉ~(*^_^*)」
う~む???
多分ちがうでしょ…(--;)

この両方とも間違いでは無いのでしょうが、悪いことがあれば運命だからとあきらめ、
いいことは運命でありますようにと願う。なんか運命って決まってしまってるような感じですね。
そんな人生楽しくないなぁ。
なので、このような運命は否定するとして、
では[運命]とはなんだろうと考えると。
運命とは、運ばれてきたある出会いにより、心の中に芽生えた夢や希望に向かい走り出し、
全力で駆け抜けた時、振り返って見たスタートラインの事ではないかなと。
運命って最初はこれが運命だなんて事はわからないと思います。
何かの縁で出会い、その出会により何を思い、どう行動し、
どう変わったのか、自分にとって大切なものになったのか。
その作り上げたてきた原点がこそが運命で、運命の扉を開いた瞬間だと思います。

運命には命と言う漢字がつきますね。命と言うのは生きる事。
生きると言うことは辛さを乗り越え、幸せを感じること。人生って筋書きのないドラマです。
けして決められた道を歩む訳ではありません。何気に過ごす日常に色々な出会いはありますが、
その出会いに対して、深い思いと努力、情熱が無ければ命へはなりえません。
夢や希望も生まれません。
それだけ命という言葉は尊いと言うことです。。
バトンを運命の出会いにしなさいなんて事はいいませんが、運命が始まっているのかもしれません。
せっかくの運でバトンを含め先生達や、仲間にに出会ったのですから、
志を持って努力していってくれればいいなと思います。
いつしか命に変わり、「指導者」なんて事になってるかも(^-^)

このフェリーチェがいい出会いでありますように…
そして運命のお手伝いが出来ればと思います。

※あくまでもマネージャーの漢字への解釈なので、それは違うと思われた方は忘れちゃって下さい。なお、苦情はいっさい受け付けませ~ん(^o^)


新着ブログ一覧へ


copyright felice all rights reserved.
produced by cheltenham software